上へ
戻る

カテゴリ

関節痛・リウマチ

関節痛・リウマチの治療薬について紹介します。
リウマチの患者数は多くて100万人と言われているほど、かかりやすい病気となっています。
お年寄りだけでなく、若い人でも見られるため、早期に治療することをお薦めします。

関節痛・リウマチの商品一覧

関節痛とは?

関節痛は身体の各所に存在する関節に痛みが見られる症状のことを指します。
関節痛の発生原因は外傷や感染、疾患、医薬品のアレルギーによって発症します。
関節痛の発生原因となる疾患として、以下のような症状があります。

・関節リウマチ
・全身性エリテマトーデス
・ウィルス性関節炎
・エーラスダンロス症候群
・リウマチ熱
・ライム病
・淋病
・痛風
・偽痛風
・ベーチェット病
・変形性膝関節症

関節痛を発症すると、膝や足首など体重による負荷が多く掛かる関節がズキズキと痛むような症状が現れるようになります。
痛みの程度は原因となる症状の進行度合いなどによっても変化しますが、重度の症状になると歩行が困難となる場合もある程に強い痛みや刺激が発生する場合もあります。
したがって、関節痛を発症した際には原因となる要素の早期治療や対策、筋力の低下による痛みの場合はトレーニングによる発症と重症化予防が必要となります。

関節痛の症状

関節痛の症状は関節部分の炎症や痛風発作、関節リウマチといった症状が原因となり起こるものです。
具体的な症状としては、関節部や全身の発熱、関節の腫れ、関節のこわばり、筋肉の痛み、脱力感、倦怠感といった症状があります。
また、関節痛の原因となる症状によっては、関節が大きく歪み、変形してしまったように見える程に激しい腫れが発生する場合もあります。
関節痛の原因となる疾患や症状によって、痛み方や現れる症状なども変化します。
したがって、関節痛を発症した際にはどういった痛み方をしているのか、そしてどのような症状が現れているのかを確認することにより、原因の特定が可能となります。

関節痛の原因

関節痛の原因は外傷、感染、関節炎などの疾患、医薬品の使用によるアレルギーと言われています。
外傷による関節痛の場合、外部からの力によって関節へのダメージが発生し、骨折や捻挫といった症状を引き起こすことによって痛みが発生します。
次に感染ですが、ブドウ球菌を始めとする細菌やウィルス、真菌が血流によって関節に入り込み、感染症を引き起こすことによって発症します。
関節炎などの疾患が原因となる症状も上記のものと同様に、関節に細菌やウィルスが入ることによって発症します。
また、それ異外にも関節リウマチなどの疾患が原因で発症することもあります。
最後に医薬品のアレルギー反応による発症ですが、医薬品を服用した際に発生するアレルギー反応によって、関節痛の症状が現れる場合もあります。
アレルギーによる関節痛は医薬品だけでなく、食品からも発生することがあるため、注意が必要です。

関節痛の種類

関節痛には大きく3種類の痛みが存在しており、それぞれ名称を自発痛、圧痛、運動痛と呼びます。
自発痛は外部から刺激を与えなくとも患部が痛むという特徴のある関節痛です。
次に圧痛ですが、これは患部を指で押して圧迫するとズキズキとするような関節の痛みが発生するという症状を指します。
最後に運動痛、これは関節を伸縮させるように稼働させることによって、可動部に痛みが発生するという症状です。
関節痛には大きくこの3種類の痛みが存在しています。

関節痛の治療法

関節痛を治療する方法として、保存的治療法と手術的治療法という2種類の治療方法が存在しています。
保存的治療法は、患部に対して直接メスを入れることなく、運動や温熱、医薬品や専用の補助装具を使用することによって、患部の痛みを抑え、治療をするという方法です。
それに対して手術的治療法というのは、患部を切開し痛みの原因となる部位を手術する、骨を切断し正常な状態になるよう繋ぎ直す、そして関節自体を人工のものに置き換えるといった方法になります。
手術的治療法は体全体に掛かる負担が非常に大きな手術になります。
したがって、関節痛の治療を行う際には、多くの場合で保存的治療法が取られます。

温熱療法

温熱療法は痛みの発生する部位に対して熱を加え、血流の改善を行うことにより、炎症や痛みを軽減するという治療方法です。
痛みは熱により血行を改善することによって治まり、さらに筋肉や関節といった部位が稼働しやすくなります。
したがって、慢性的な関節炎や関節痛といった長期間継続し続ける痛みが特徴的な症状を改善させる際には、この温熱療法が非常に効果的な治療方法であると言えます。
患部に熱を与える方法としては、温灸やライトの照射、入浴、赤外線やレーザー光線、マイクロ波、上記などを使用するといった方法があります。
注意点として、熱を与える患部に金属製の人工関節が使用されている場合、熱が金属温度を大幅に上昇させてしまうため、体内に金属が入っている場合、温熱治療は禁忌となっている場合があります。

薬物療法

関節炎の薬物療法では、服薬によって痛みを抑える方法と患部に対して治療用薬液を注射する方法があります。
服薬によって行われる薬物療法では、消炎鎮痛剤と呼ばれる体内の炎症を抑え、炎症によって発生する痛みを取る効果がある医薬品が使用されます。
注射による治療の場合、関節に対してヒアルロン酸と呼ばれる関節の軟骨部を構成する液体を直接注射することにより、痛みと炎症の緩和を行います。
薬物療法は科学的な働きによって痛みなどを抑えることができるため、強い痛みを伴う関節痛の対して、非常に優れた治療効果があります。
しかし医薬品には副作用や併用時に注意を払うべき成分などがあるため、薬物療法は細心の注意を払った上で行う必要があります。

装具療法

装具療法は関節痛の中でも膝にかかる負担を軽減させ、痛みを和らげる際に行われる治療方法です。
サポータや足底板、硬性装具と呼ばれる装具を膝や脚に対して装着する方法や、杖を使用し脚に対して掛かる負担を軽減させるといった方法が取られます。
装具を使用した治療は痛みを和らげることを目的とした治療方法のため、根本的な原因の解消は行えません。
しかし他の治療方法と併用することによって、痛みを楽にすることができ、治療効果を寄り高めることができます。

関節リウマチとは?

関節リウマチは人間の身体が持つ免疫が手足の関節を侵食し、関節痛や関節の変形といった症状を発生させる病気です。
身体の持つ免疫が自己の身体に対して作用しダメージを与える症状は炎症性自己免疫疾患と呼ばれます。
関節リウマチを発症すると、関節の痛みといった症状だけでなく、関節自体が破壊されてしまい、痛みや強直と呼ばれる骨同士が直接接するような変形の症状が現れる場合があります。
強直が発生すると、関節そのものが無くなってしまうため、関節痛の痛みが発生することはなくなりますが、手が動かせなくなるといった問題が発生する場合があります。

関節リウマチの症状

関節リウマチの症状は、関節や筋肉の痛みが主な症状となります。
痛みは疼くような痛みが主なものになっており、痛みと共に腫れの症状が現れるという特徴も持ち合わせています。
関節リウマチの症状は進行に合わせて4段階に重症度が変化し、日常生活に関節リウマチの痛みや腫れがどれくらいの影響を及ぼしているのかによって段階が変化していきます。
初期段階では日常生活に不自由が無い状態ですが、最終段階まで進行すると寝たきりや車いすに座ったままの状態で身の回りが自分一人の力では行えない状態になります。

関節リウマチの原因

関節リウマチは人間の身体に存在する免疫が原因となって発症する症状です。
免疫は平時であれば身体に侵入した細菌やウイルスを殺菌する働きを持っています。
しかしストレスや過労、細菌やウイルスの感染、外傷、出産といった多くの要素がきっかけとなり、自己の身体を攻撃し始めます。
そうすると関節の痛みやこわばり、熱といったリウマチの初期症状が現れ始めるようになり、その状態から放置していると関節リウマチを発症してしまいます。
免疫が自己の身体を攻撃し始めるきっかけはまだ正式には解明されていませんが、こういった免疫が自己の身体を攻撃するような疾患のことを、自己免疫疾患と呼びます。
自己免疫疾患は体質や遺伝といった要素によって多少の発症しやすさの差があると言われています。

関節リウマチの治療薬

関節リウマチの治療を行う際に用いられる医薬品として、消炎鎮痛剤、抗リウマチ薬、生物学的製剤、ステロイドがあります。
上記の医薬品の内、消炎鎮痛剤は関節リウマチによって発生する患部の痛みを抑える効果があるだけであり、根本的な治療は行えません。
しかし抗リウマチ薬や生物学的製剤、ステロイドは関節の痛みだけでなく腫れを抑え、症状の進行を抑えることが可能となります。
したがって、関節リウマチを発症した際にはこの抗リウマチ薬など、症状の進行を抑える医薬品を用いた治療を基本的に行うことになります。

抗リウマチ剤

抗リウマチ薬は関節リウマチの原因である免疫の異常を改善させる作用を持つ医薬品です。
抗リウマチ薬を服用することによって、リウマチ患部の炎症を抑え、寛解へ向けての治療が可能となります。
抗リウマチ薬として使用される成分としては、以下の物があります。

・メトトレキサート
・スルファサラジン
・ブシラミン
・タクロリムス
・トファシチニブ
・イグラチモド
・レフルノミド
・ミゾリビン
・ヒドロキシクロロキン
・ミノサイクリン

これらの成分が使用された抗リウマチ薬が、リウマチの治療を行う際に非常に優れた効果を発揮してくれます。

生物学的製剤

生物学的製剤はバイオテクノロジーによって開発された医薬品で、関節リウマチの症状である関節の炎症を引き起こすIL-6やTNFαと呼ばれる物質の働きを妨げ、リウマチの症状が現れるのを抑制します。
生物学的製剤に使用される成分としては、以下のような成分があります。

・エンブレル
・レミケード
・ヒュミラ
・シンポニー
・シムジア
・キネレット
・アーカリスト
・イラリス
・リツキサン
・オレンシア
・アクテムラ

生物学的製剤は定期的な点滴や注射によって薬液を身体に投与するため、使用時には必ず医療機関での処置を受ける必要があります。

ステロイド

関節リウマチの治療に用いられる医薬品として最後に紹介するのはステロイドです。
ステロイドは非常に強い抗炎症作用を持つ医薬品で、関節リウマチの症状である腫れと痛みを和らげる効果があります。
したがって、関節リウマチの急性期にはステロイドを使用した治療が行われる場合があります。
しかしステロイドは慢性的な症状の改善には効果が薄く、さらに関節リウマチの特徴である関節の損傷といったダメージの抑制効果はありません。
したがって、抗リウマチ薬など他の治療薬の効果が見られた際には、ステロイドの使用は中断されます。

関節痛・リウマチの薬を通販で購入するメリット

抗リウマチ剤やステロイド、消炎鎮痛剤といった関節痛やリウマチの症状を改善する医薬品は、医療機関を受診し診察を受けることによって、処方が行われます。
そしてそれ以外の入手方法として、通販を利用した購入という方法も可能となっています。
通販を利用して抗リウマチ剤やステロイド、消炎鎮痛剤といった治療薬を購入するメリットとしては、以下の物があります。

・通販でのみ購入できるものがある。
・同じ効果があるものをより安く購入できる
・治療に掛かる多くの負担を削減できる

通販を利用した場合、以上のようなメリットが得られます。
通販サイトによって販売されている治療薬の種類や品揃えというのは違っています。
したがって、サイトによっては入手が不可能なものも存在していれば、中には通販では購入できない製品なども存在しています。
したがって、通販を利用する際には事前に自分が目的とする物が販売されているかを調べてください。

クリニックや病院で処方してもらう場合

クリニックや病院で関節痛やリウマチの診察と治療を行ってもらい、薬を処方してもらうメリットとして、医療機関でのみ行える治療の存在があります。
関節痛の場合、関節に大きな損傷を負っている場合、治療薬を使用した治療ではなく外科手術による治療を行うことになります。
そして関節リウマチの場合、生物学的製剤のような特殊な医薬品は医師による点滴による使用が基本となります。
こういった特殊な治療はクリニックや病院等を利用した時にのみ行えるため、医療機関を利用する非常に大きなメリットになると言えます。
処方までに必要な時間も数十分ほどであり、必要な費用も保険を適応させれば数千円と比較的安価に済ませることができます。
しかし外科手術などの大掛かりな処置を行う場合、治療費は一気に跳ね上がるため、注意してください。

市販薬を利用した場合

市販薬を使用し関節痛や関節リウマチの治療を行うメリットとして、治療費の安さと入手性の良さがあります。
関節痛や関節リウマチの治療には消炎鎮痛剤などの医薬品が使用されます。
消炎鎮痛剤自体は薬局やドラッグストアといった場所で数百円から高くても数千円で購入できるため、非常に手軽にそして低価格で購入できます。
したがって、治療に必要な金銭的な負担が非常に少なくなります。
更に入手の際には購入できる場所まで行って選んでレジで支払いを済ますだけで入手可能なため、購入にかかる時間も非常に短くなります。

通販サイトを利用した場合

医薬品通販サイトで関節痛治療薬や関節リウマチ治療薬を購入するメリットは、医療用医薬品を手軽に購入できるという点にあります。
医療用医薬品は基本的には病院などで処方を受けなければ入手できません。
しかしネット上の医薬品通販サイトを利用した場合、個人利用に限定すれば医療用医薬品の購入が可能です。
したがって、通販サイトを利用した際には病院へ行く手間をかけず、手軽に医薬品の購入が可能となるのです。
購入に必要な時間も通販サイトにアクセスし購入手続きを行うだけの時間で良いため、数分から十数分ほどで完了となります。
販売価格は通販サイトや薬の種類によっても変化しますが、数千円で購入できる場合がほとんどです。

通販でしか購入できない関節痛・リウマチの薬

通販を利用し医薬品を購入するメリットに、選択肢の増加があります。
日本で購入できる、もしくは処方を受けられる医薬品というのは、日本国内での販売や製造といった行為に許可が出ているものになります。
しかし通販で購入できる製品には海外メーカーが製造し販売しているような製品もあり、そういった通常の方法では入手できない物も、通販であれば法に問われることはなく、安全に購入できます。
こういった選択肢の幅が大幅に広がるというのも、通販を利用する大きなメリットであると言えます。

関節痛・リウマチの薬の服用方法

関節痛や関節リウマチの治療薬は効果的な服用方法が存在しています。
まず基本的な服用方法としては、食後や食前など各治療薬に指定されている服用のタイミングで、水や白湯を用いて服用します。
一回あたりの服用量や、一日あたりの摂取上限量は薬の種類によっても異なるため、服用前には必ず確認を行った上で、過剰服用を行わないよう気をつける必要があります。

セレコキシブ

・関節リウマチ
成人には1日2回、1回100mg~200mgを朝、夕食後に服用してください。

・変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎
成人には1日2回、1回100mgを朝、夕食後に服用してください。

・手術後、外傷後ならびに抜歯後の消炎・鎮痛
成人には1日2回、初回に400mg、2回目以降は1回200mgを服用してください。
服用する際は6時間以上の間隔を空けてください。

本剤を使用する際には、有効最小量を可能な限り短期間の服用として、長期にわたり服用しないでください。
慢性疾患での使用では、治療開始から2週間~4週間経過しても改善が認められない場合には、他の治療法に移行してください。
急性疾患での使用では、初回と2回目以降での用量が異なるため、注意してください。

参考サイト:医療用医薬品 : セレコックス

関節痛・リウマチの薬の副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは関節痛・リウマチの薬も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。
一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・傾眠
・腹痛
・口内炎
・下痢
・発疹
・頭痛
・けん怠感
・悪心
・胃炎

これらの副作用は関節痛・リウマチの薬を使用した際に比較的多く報告されています。 それも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、直ちに医療機関で診察を受けてください。

重篤な副作用

・ショック、アナフィラキシー
・消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔
・心筋梗塞、脳卒中
・心不全、うっ血性心不全
・肝不全、肝炎、肝機能障害、黄疸
・再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症
・急性腎不全、間質性腎炎
・中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎
・間質性肺炎

関節痛・リウマチの薬の併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬は関節痛・リウマチの薬と一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
関節痛・リウマチの薬を服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。
併用注意薬は関節痛・リウマチの薬と一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用注意薬

・ACE阻害剤、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
アンジオテンシン変換酵素阻害剤の降圧効果を減弱させる恐れがあります。

・フロセミド、チアジド系利尿剤
フロセミドおよびチアジド系利尿剤のナトリウム排泄作用を低下させる恐れがあります。

・アスピリン
本剤と低用量アスピリン(1日325mg以下)を併用した場合、本剤のみを服用したときと比べて消化性潰瘍などの発生率が高くなる恐れがあります。

・リチウム
リチウムの血漿中濃度が上昇オシ、リチウムの効果が増強する恐れがあります。

・フルコナゾール
本剤の血漿中濃度が上昇し、本剤の効果が増強する恐れがあります。

・フルバスタチン
本剤おおよびフルバスタチンの血漿中濃度が上昇し、本剤およびフルバスタチンの効果が増強する恐れがあります。

・クマリン系抗凝血剤
プロトロンビン時間が延長する恐れがあります。

・パロキセチン
本剤の血漿中濃度が低下し、パロキセチンの血漿中濃度が上昇し、本剤の効果が減弱し、パロキセチンの効果が増強する恐れがあります。

・デキストロメトルファン
デキストロメトルファンの血漿中濃度が上昇し、デキストロメトルファンの効果が増強する恐れがあります。

・制酸剤
本剤の血漿中濃度が低下し、本剤の効果が減弱する恐れがあります。

関節痛・リウマチの薬を服用してはいけない方

・関節痛・リウマチの薬の成分、スルホンアミドに対して過敏症の既往歴のある方
・アスピリン喘息またはその既往歴のある方
・消化性潰瘍のある方
・重篤な肝障害、腎障害のある方
・重篤な心機能不全のある方
・冠動脈バイパス再建術の周術期の方
・妊娠末期の方

関節痛・リウマチの薬に関するよくある質問

Q.関節痛・リウマチの薬を通販で購入するのは違法行為になりますか?なりませんか?
A.違法行為にはなりません。
法律を守って購入・使用を行うのであれば、違法行為として罰せられることはありません。
合法となる具体的な条件としては、以下のものになります。
・使用されている成分が法に触れないものである
・指定された数量未満の購入である
・購入した物を他人に譲渡、販売しない
通販サイトを利用し医薬品を購入する際には、これらのことを守った上で購入を行うのであれば、違法行為とはなりません。

Q.医療機関を受診せずに関節痛やリウマチの治療薬を購入する手段はありますか。
A.薬の種類は限定されますが、購入方法はあります。
関節痛やリウマチの治療薬は、基本的には医療機関での処方を受ける必要があります。
しかし治療薬の中でも、消炎鎮痛剤であれば薬局やドラッグストア、医薬品の通販サイトで購入が可能となっています。
したがって、医療機関を受診せずに治療薬を購入したいのであれば、薬の種類は大きく限定されてしまいますが、購入自体は可能です。
しかし効果は医療用のものと比べると弱まってしまうということは知っておく必要があります。

Q.関節リウマチは病院へ行かなくとも治療することができますか?
A.症状を寛解させるのは非常に難しいと言えます。
関節リウマチの症状は時間が経過すればするほどに重症化していきます。
そして市販されている消炎鎮痛剤では、患部の腫れといった症状は治療することができません。
したがって、関節リウマチを病院へ行かずに寛解させることは非常に難しいと言えます。
しかし自宅でも症状の進行を抑えることは可能なため、絶対に不可能であるとは言い切ることはできません。

Q.関節痛はどこが痛んでも関節痛なのでしょうか?
A.関節が痛むのであれば、関節痛と呼ぶことができます。
関節痛は読んで字のごとく、関節が痛む病気です。
したがって、関節を動かした際に痛みが発生した場合、その部位が炎症を起こし、関節痛を引き起こしている可能性があると言えます。
関節痛の原因となる症状として、変形性関節症や関節リウマチがあり、これらはそれぞれ違った症状があり、放置すると運動が困難になるなどの影響が発生する様になります。
したがって、慢性的な関節の痛みを感じるようになった際には、一度病院で上記症状の検査を受けてみることをお薦めします。

Q.怪我をしても関節が痛ければ関節痛になりますか?
A.関節付近へのダメージによって発生する痛みであれば、関節痛と呼べます。
関節痛は外傷や感染といった多くの要素で引き起こされるものです。
したがって、転倒や捻挫、打撲といった怪我をした後に関節に痛みが走った場合、関節部分に何かしらのダメージが発生し、関節痛を引き起こしていると判断することができます。
外傷によって起こる関節痛の場合、関節部分のヒビといった非常に大きな怪我をしている可能性があるため、痛みが発生する場合は医師による診察を受けるようにしてください。

関連ページ

参考サイト

関節炎 - Wikipedia

関節リウマチ - Wikipedia