上へ
戻る

カテゴリ

美白

ここでは美白商品について紹介します。
美しく白い肌は女性に自信を与えてくれます。
数多くある美白商品から自分に合った商品を選ぶことができます。

美白の商品一覧

美白とは?

美白とは、肌に対して色素の沈着がなく白く輝いているような状態のことを指します。
人間の肌というのは紫外線や日常生活の中で発生するダメージ、もしくは先天的な要素によってくすみやそばかす、しみといった色素沈着が発生しています。
美白は上記のような色素沈着が発生しておらず、光を反射するような明るい肌のことを指します。
したがって、美白というのは元々の肌の色から白に近づくようにするのではなく、自分が生まれ持った肌が色素沈着によってくすんでいない状態のことを指します。
そして美白に使用するケア用品というのは、肌の色素を抜いて白く脱色するような作用があるわけではなく、身体にシミやそばかすを増やさないようにするような働きがある製品のことを指します。

美白ケアが当たり前の時代

美白ブームは1980年代後半から爆発的に広がり、今ではブームではなく当然のこととして受け入れられています。
白というのは上品やおしとやかといった言葉を連想させる言葉であり、対象的に日焼けをした小麦色の肌というのは、活発で派手、野性的というイメージを人に与えます。
日本というのは控えめにいる、謙遜は美徳、という文化を古くから持っている国です。
したがって、相手に見た目上の第一印象が上品でおしとやかに見える美白を目的に肌のケアを行うというブームが到来した後、その文化が深く根付き続け、今では常識、当たり前のものになりました。

美白がよい?

くすみのない美白を手に入れることによって得られるメリットは複数あります。
まず白に近い色というのは、周囲から光を浴びた時に透き通るような透明感があるような印象を相手に与えます。
したがって、相手に対して清潔感があるような印象を与え、好印象に見られるようになります。
そして紫外線が当たり、日に焼けた肌というのは紫外線からのダメージを受けているため、皮膚の年齢が本来の年齢よりも高く見られるようになります。
しかし肌が白い場合、肌は実際の年齢よりも若く見えるようになり、実年齢よりも若々しい見た目を保ち続けることができます。
こういった相手からの見た目の印象を大きく変えることができるというのが、美白によって得られる非常に大きなメリットだと言えます。

日焼けは美白の大敵

美白を目指す上で最も注意をしないといけないことは、紫外線による日焼けです。
日焼けに対して注意を払うことにより、メラニン色素の発生を抑え、シミやそばかすといった美白の敵となるものができるのを抑えます。
そして他にも美白の敵となるものは多数存在しています。
美白の妨げとなる食事、肌の乾燥といった基本的なものに始まり、時には自分が美白のために行っていることが裏目となり、シミをはじめとする肌のトラブルが発生してしまう場合もあります。
毎日の生活の中で気を使うべき要素について知り、自分の肌を今よりも綺麗にそして素晴らしい物にするためにも、日焼け以外の美白の敵となる物についてここでは紹介します。

メラニンとは

メラニンは人を含めた動物の身体に存在する色素のことで、メラニン色素と呼ばれることもあります。
メラニンには大きく分けて2種のものが存在しており、1つは黒褐色をした真性メラニン、もう1つは橙赤色の亜メラニンです。
メラニンは紫外線によるダメージから肌の細胞を守る働きがあります。
日焼けによって活性酸素が発生すると、体内の情報伝達物質がメラニンを作り出すメラノサイトという部位に対して、肌の色素を増やして濃くし、肌を守るように指示を出します。
そうすると、肌にメラニンによって色が黒くなった細胞が作られていきます。
メラニンの働きによって黒褐色になった細胞は紫外線を吸収し、身体が受けるダメージが大幅に減少していきます。
その結果、肌が紫外線の影響によってダメージを受けにくくなります。

シミやそばかすの原因

紫外線によるダメージによってメラニンが発生すると、肌が元の色から黒褐色系統の色に変化した状態になりますが、肌のターンオーバーによって徐々に元の肌の色に戻っていきます。
しかしメラニンが過剰に生成された状態となってしまい、身体に対して過剰に蓄積された状態で肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌の表皮細胞にメラニンが残り、色素沈着を起こします。
そして色素沈着を起こした部位には黒褐色の跡が円形や楕円形、非常に小さな円形の物が皮膚のいたるところにできるシミやそばかすと呼ばれるものとなり、残ります。
一度蓄積し跡となって残ってしまったものは、専用のケア用品や美容整形による除去を行わなければ取り除くことができないため、発生前の予防が非常に重要となります。

長袖でも安心できない

紫外線は日射に含まれる特定の波長の線のことを指します。
紫外線は目に見える光である可視光線よりも波長が短いという特徴があります。
波長の長さによって紫外線はA,B,Cという3種類のものに分けられます。
紫外線の中でもBと呼ばれる種類のものが最も身体に対して与える影響が最も強く、日焼けなどの症状の原因となります。
紫外線の特徴として、吸収しやすい色と透過しやすい色が存在しているという特徴があります。
黒や黄色といった色は紫外線を吸収しやすく、逆に白系の色というのは光を反射し紫外線を透過し易いという特徴があります。
したがって、長袖を着ているからといって紫外線対策を行わずにいた場合、もし白い長袖を着ているのであれば、紫外線によるダメージを負ってしまう可能性があります。

冬でも紫外線に注意

紫外線の照射量は季節によって変化します。
紫外線は地球上の大気層を通過する事によって初めて地上に到達し、大気層を通過できなかったものは、そのまま大気中で紫外線としての力を失います。
太陽との距離が近くなる夏頃は、地球上の大気層と太陽の距離が短くなり、通過しやすい状態となるため、紫外線照射量が増加します。
そして対照的に、太陽との距離が離れる冬というのは地球上の大気層と太陽の距離が長くなります。
そうすると紫外線が大気層を通過しにくい状態となるため、地球上に照射される紫外線の量も減少していきます。
注意点として、地球上に照射される紫外線量の変動が大きいのは身体に対してダメージを与えやすいBという種類の紫外線だけであり、Aに関してはほとんど変動すること無く照射されます。
したがって、身体に対して発生するダメージというのはそこまで大幅な変動がないので、冬であってもしっかりとした紫外線ケアが重要となります。

美白の敵はまだある

美白を目指す上で最も注意をしないといけないことは、紫外線による日焼けです。
日焼けに対して注意を払うことにより、メラニン色素の発生を抑え、シミやそばかすといった美白の様だけとなるものができるのを抑えます。
そして他にも美白の敵となるものは多数存在しています。
美白の妨げとなる食事、肌の乾燥といった基本的なものに始まり、時には自分が美白のために行っていることが裏目となり、シミをはじめとする肌のトラブルが発生してしまう場合もあります。
毎日の生活の中で気を使うべき要素について知り、自分の肌を今よりも綺麗にそして素晴らしい物にするためにも、日焼け以外の美白の敵となる物についてここでは紹介します。

食べ物

美白を目指す上で摂取を控えるべき食べ物や栄養素として、以下のような成分があります。

・カフェイン
色素沈着やシミの悪化を引き起こす恐れがあります。
コーヒーや紅茶、緑茶、コーラといった飲み物に含まれています。

・糖分
糖分を過剰に摂取すると血流が悪化し、肌がくすみがちになります。
同時にコラーゲンを分解する働きが糖分にはあるため、シワやたるみの原因となります。

・アルコール類
アルコールは分解時に体内で活性酸素を発生させます。
活性酸素が発生すると、日焼けをした時と同じような状態になり始め、体内のメラニンが増加します。
また、アルコール類は糖分同様コラーゲンの分解を引き起こすため、シワやたるみの原因となります。

肌の乾燥

美白の敵となるものとして、肌の乾燥というものがあります。
人間の肌というのは水分を含み、保湿されている状態となっているのが理想的な状態です。
しかし生活習慣の乱れや保湿不足により、皮膚が乾燥した状態となる場合があります。
肌が乾燥した状態になってしまうと、太陽から照射される紫外線が直接皮膚の奥深くまで照射されてしまう、水分不足により角質層が厚くはがれにくくなる、そしてスキンケアをしても肌に浸透しにくくなるといった多くの影響が発生するようになります。
コンディションが悪化し、皮膚が乾燥した状態が長期間持続してしまうと、皮膚に対して発生するダメージなども大幅に増加してしまい、肌トラブルなどを引き起こすようになります。
したがって、美白を目指すためには保湿を行い過失止する必要があるのです。

刺激の強すぎる化粧水・美容液

美白を目的に使用する化粧水や美容液の中には、美白の敵となる物を作り出してしまうような製品も存在しています。
代表的なものとして、カネボウ化粧品が販売したロドデノールという美白用化粧品があります。
ロドデノールは非常に強い美白効果のある成分を含んだ化粧品で、美白を目的に多くの人が購入を行っていました。
しかし販売開始からしばらく経った後、白斑と呼ばれる色素の消失によって作られるシミの発生という健康被害が報告されるようになり、自主回収が行われるようになりました。
こういった美白を目的とした成分を使用した化粧水や美容液を使用し、効果が強すぎたがために発生した健康被害は多数存在しています。
したがって、使用する製品を選ぶ際には評判等を綿密に調べた上で購入し、使用を開始する必要があります。

美白の対策法

美白を行うためには、肌のくすみの原因となる要素を回避する方法や、今既に存在しているくすみを解消するための方法について知り、対策法を実施する必要があります。
基本的な方法であれば、紫外線対策やスキンケアという方法、直接肌に対して行う方法以外のものであれば、食生活の改善などの生活習慣の改善といった対策法があります。
これらの方法を行うことによって、肌のくすみを消し綺麗な美白を手に入れることができます。
もしこれらのことを行わなかった場合、美白を得ることもできなければ、肌トラブルといったものを引き起こす可能性もあります。
肌トラブルを回避し、綺麗な美白を手に入れたいという時は美白のための対策法を知ることが大切です。

紫外線を防ぐ

紫外線は美白の天敵、美白を目指す際にはまず紫外線対策から行ってください。
紫外線を防ぐ方法は室内と屋外で違っています。
まず屋外での防ぎ方ですが、頭や顔といった一部分だけを隠すような小さな日傘ではなく、肩まで全て隠せるような大きめの日傘の使用、ロンググロープやUVカットサングラスの着用といった方法があります。
そして忘れてはならないのが日焼け止めです。
日焼け止めは肌質などによって最適なものが変わるため、自分の体質にあった物を使用し、汗などで流れ落ちた時には定期的な塗り直しを行ってください。
次に室内での紫外線対策です。
室内での対策方法は、日焼け止めの使用、服装を黒系統の色にして吸収量を減少させるといった方法が基本的なものになります。
それ以外にも室内のカーテンをUVカットカーテンと呼ばれる紫外線を遮断する作用のあるカーテンを使用するといった方法もあるため、自分にとって最も良い方法を選ぶようにしてください。

日々のスキンケア

美白対策法の基本かつ非常に重要なものが、毎日のスキンケアです。
スキンケアの方法には複数の方法が存在していますが、基本的な方法としては美白用化粧水や美白用美容液といった、使用効果として美白を得られるような製品の利用が推奨するという方法になります。
そして美白を目的とする製品を使用する際には、少量のものを薄く伸ばすように使うのではなく、たくさんの化粧水や美容液を贅沢に使用します。
顔だけではなく首や肩といった紫外線の当たりやすい部位全体に対して使用することにより、より良い美白効果が得られます。
また、使用時に強くこすり、擦りこむように使用してしまうと、皮膚に対して掛かる負担が大きくなり、スキンケアの効果が弱まります。
したがって、使用時には優しく適度な力加減で使用するようにしてください。

食生活から美白

毎日の食事によって美白を手に入れる場合、美白に対して効果的な栄養素を含む食材を摂取する必要があります。
美白に対して効果的な食べ物と食材は以下のものになります。

・ビタミンC
アセロラ、キウイ、ゴーヤ

・セラミド
こんにゃく芋、大豆、黒豆

・リコピン
トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ

・L-システイン
マグロ、鶏肉、豚肉

・ビタミンE
ナッツ類、アボカド、ほうれん草

・β-カロテン
人参、紫蘇、パセリ

・エラグ酸
ざくろ、いちご、ブルーベリー

上記の栄養素が含まれている食品を毎日の食事で摂取することにより、身体の内側から美白を手に入れることが可能となります。
食材によっては熱により成分が破壊されてしまい、摂取できなくなってしまうものもあります。
したがって、食事による摂取を行う際には各栄養素にあった調理方法で調理を行う必要があります。

しっかり睡眠

美白を手に入れる際には、今までの肌をターンオーバーの作用によって新しい物に変化させていき、肌を白く透き通ったものにしてく必要があります。
その際に重要となるのが睡眠です。
人間の身体というのは、夜の22時から深夜2時までの4時間に睡眠を取ることにより、成長ホルモンの分泌量が大幅に増加し、身体の疲労やダメージの回復や新陳代謝の活発化が期待できます。
そして睡眠時に分泌されるメラトニンというホルモンには、メラニン色素を代謝させる働きがあります。
したがって、睡眠を十分に取ることによって体内で生成されたメラニン色素の排出が促されていき、より綺麗な肌を手に入れることが可能となります。
良質な睡眠を取ることにより、成長ホルモンやメラトニンの分泌は非常に活発なものになるため、より良い美白効果を得たいという時は睡眠をしっかりと取るようにしてください。

美白の商品

美白ケアに効果的な製品には多くのものがあります。
最も一般的な製品はクリームやローション状になっており、肌に対して塗布し使用する製品があります。
これらの美白ケア用の製品に共通する効果としては、メラニンの生成を抑えることによってシミやそばかすが発生するのを防ぐ効果や、保湿によって肌の乾燥を防ぎ、紫外線などから皮膚を保護する効果です。
美白ケア用の製品には上記のような効果が有る成分が含まれています。

ヒトプラセンタ

美白ケアに用いる製品として、ヒトプラセンタという製品があります。
ヒトプラセンタはインドに存在するアルバートデビッド社が製造するプラセントレックスクリームや、プラセントレックスジェルといった商品があります。
これらの製品は薬剤がジェルやクリーム状になっています。
したがって、使用する際はチューブからジェルやクリームを取り出し、患部に対して塗布するだけで使用ができるようになっており、非常に簡単に使用できます。
そして有効成分のプラセンタは多種多様な栄養素が配合されており、抗酸化作用もあります。
したがって、ヒトプラセンタを使用した製品の使用によって美白や肌のケアなどが簡単に行なえます。
1本あたり2,500円前後で購入することができます。

有効成分 ヒトプラセンタ

ヒトプラセンタを使用した製品には、同名の有効成分であるヒトプラセンタが配合されています。
ヒトプラセンタは人間のプラセンタ、いわゆる胎盤から抽出された成分で、糖質やタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルといった胎児の成長に必要な栄養素が全て含まれています。
人間の身体に存在しており、人間の身体から抽出されたものが成分として入っているため吸収が科学的に作られたものよりも非常に早くなっています。
したがって、使用時は身体に対して製品を塗布することにより、ヒトプラセンタに含まれる上記の成分を身体に浸透していき、肌の再生や抗酸化作用によるシワやたるみ、くすみなどを解消することができます。
また、これらの効果以外にも血流の改善やホルモン分泌量の増加、細胞分裂を促すといった効果を得ることもできます。

使用方法・副作用・使用できない方

ヒトプラセンタを使用したジェルやクリーム状の製品を使用する場合、塗布する部位に対して直接製品を塗布し、マッサージをするように
患部全体に塗りこんでいきます。
副作用が発生する確率は非常に低く、比較的安全に使用することができますが、極稀に副作用として使用部位の発赤や疼痛、悪心、悪寒、発熱といった症状が現れる場合があります。
使用時に上記のような副作用が発生し、使用後時間が経過した際にも症状が沈静化しない場合、医師による診察と状況に応じた処置を受けてください。
ヒトプラセンタを配合した製品の多くに併用禁忌薬は存在していません。
したがって、使用時には他の医薬品との併用も可能となっています。
しかしアレルギー体質の場合、使用時にアレルギー症状が現れる恐れがあるため、使用時には細心の注意を払う必要があります。

参考サイト:プラセンタ - Wikipedia

ユークロマプラスクリーム

美白ケア商品のユークロマプラスクリームはヤッシュファーマ社が製造販売する美白クリームです。
有効成分としてハイドロキノンを配合した非常に強力な美白クリームで、使用時には患部のシミやそばかす、切り傷をはじめとする傷跡を薄くしていき、最終的には全てを綺麗に消すこともできます。
また、有効成分ハイドロキノン以外の成分も美白を初め、肌のダメージ回復や肌ケアに対して非常に優れた効果がある成分が使用されています。
したがって、ユークロマプラスクリームは非常に優れた肌のケア効果がある商品だと言えます。
1本あたり1,000円~1,800円前後で購入することができます。

有効成分 ハイドロキノン

ハイドロキノンは正式にはヒドロキノンという名称の成分で、二価フェノールと呼ばれるフェノール類の成分です。
ハイドロキノンはメラニンの合成作用を有するチロシナーゼという物質が生成されるのを阻害する働きがある医薬品です。
したがって、ハイドロキノンを患部に対して塗布することにより、患部のシミやそばかすを薄くし、同時にメラミンを生成するメラノサイトを縮小させて、シミが作られにくい状態を作ります。
他の有効成分であるトレチノインはビタミンAの誘導体で、肌のターンオーバーを促すことによって、美白効果があります。
最後にモメダゾンフランカルボン酸エステルですが、これは副腎皮質ホルモンで、炎症などの症状を抑えて、ハイドロキノンを使用した際に肌に発生する皮膚の腫れや赤み、かゆみを緩和させることができます。

使用方法・副作用・使用できない方

ユークロマプラスクリームは就寝の前に洗顔と化粧水による保湿を行った後、適量を手にとり患部へ塗りこんでいきます。
ユークロマプラスクリームの副作用として、肌の乾燥や皮のめくれ、ヒリヒリとした感覚などがあります。
使用時の注意点として、ユークロマプラスクリームに使用される成分は紫外線に弱いため、外出前の使用は避けて下さい。
また、ユークロマプラスクリームは非常に強い皮膚への刺激が発生します。
したがって、使用前には必ず目立たない箇所でパッチテストを行い、使用可能と判断した後に使用を開始するのを推奨します。
パッチテストの際に肌の荒れやかぶれを初め、副作用などの症状、患部の違和感が現れた際には、使用を中断した後に医療機関を受診し、医師による診察と処置を行ってもらうのを推奨します。

参考サイト:ヒドロキノン - Wikipedia

BIHAKUENトラネキサム酸

BIHAKUEN トラネキサム酸はロイドラボラトリー社が製造を行う美白効果のある薬で、有効成分としてトラネキサム酸を配合しています。
BIHAKUENトラネキサム酸は評判が非常に高く、多くの人に使用されています。
BIHAKUENトラネキサム酸の特徴として、ブリスターパックに入っているという特徴があります。
BIHAKUENトラネキサム酸は個包装された製品が郵送されるため、携帯性が非常に高くなっています。
メラニン色素の生成を防ぎ、炎症を抑えることで美白に効果があります。
また、BIHAKUENトラネキサム酸は肝斑によるシミに対して非常に強い効果がある製品のため、通常のシミ取りでは取りづらいようなシミに対しても非常に強い効果があります。
1箱あたり4,000円~4,500円前後で購入することができます。

有効成分 トラネキサム酸

BIHAKUENトラネキサム酸の有効成分であるトラネキサム酸は、人工合成されたアミン酸です。
トラネキサム酸は一般的に止血剤、抗炎症剤として使用され、出血の予防や治療を行う際に活用されています。
一般的にトラネキサム酸は肝斑の原因であるメラミンに対して作用するのではなく、メラミンを生成するメラノサイトに対して作用します。
トラネキサム酸はメラノサイトが活性化する際に必要となる因子のプラスミンをブロックします。
それにより、メラノサイトがメラミンを生成できなくなり、肌のターンオーバーが進むに従い、シミを薄くしていくことができます。
したがって、トラネキサム酸はメラミンを分解するような働きによってシミを薄くするのではなく、根本の部分に対して作用することにより、シミを無くすことができます。

使用方法・副作用・使用できない方

BIHAKUENトラネキサム酸は1回につきトラネキサム酸500mg分のカプセルを服用します。
250mgカプセルであれば1回に付き2錠、500mgカプセルであれば1回に1錠を経口より服用します。
服用回数は1日につき3回から4回です。
副作用としては、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸焼け、痙攣といった症状があります。
服用時の注意点として、飲み忘れた際にはその段階で服用を行う、もし仮に次回服用までの時間が近い場合は、服用を1度飛ばして次回服用から再開します。
また、有効成分であるトラネキサム酸は止血剤として使用されている成分のため、止血薬服用中の使用は厳禁となっています。
トロンビンとトラネキサム酸は相性が悪く、併用により重篤な体調の変化等が発生する恐れがあるため、併用は厳禁です。

参考サイト:トラネキサム酸 - Wikipedia

美白商品を通販で購入するメリット

美白ケアに用いる医薬品やサプリメントは一般の薬局などでの販売以外にも、通販を利用した購入が可能です。
通販を利用するメリットとして、以下のようなものがあります。
・通販でのみ購入できる製品が存在する。
・購入できる医薬品の種類が多い
・安価に購入できる製品が存在する
・購入に関する手間が非常に少ない
以上のような理由により、通販を利用して美白ケア製品を購入する人は多くいます。

市販の化粧品との違い

市販されている化粧品と通販を利用し購入できる製品の違いとして、効果の強さがあります。
日本国内で販売されている化粧品に含まれる成分には、使用する成分の上限量が設定されている物があります。
海外で製造や販売が行われている成分の場合、日本国内で定められている成分上限量より多くの成分が含まれている物、日本ではまだ使用されていない成分が用いられている製品もあります。
そういった市販の製品に使用されるものよりも多くの成分が使用されている製品の使用効果は、市販のものよりも効果が現れやすく、高い効果を期待できます。

通販サイトを利用した場合

通販を利用するメリットとして、購入できる製品量の多さがあります。
店舗で販売される商品というのは、店舗の倉庫などに在庫を備えた上で販売場所を確保する必要があるため、取り扱っている製品の量や種類に制限が生まれます。
しかし通販の場合、販売店舗は在庫のみを用意しておけば後は注文が入ったものを用意するだけで良いため、商品を多種多様に揃えることができます。
したがって、購入する際には一般の店舗を利用した際に購入できるものよりも多くの製品を入手することができます。

通販でしか購入できない美白商品

通販を利用した場合、日本国内で販売されている製品だけではなく、海外で販売されている製品を購入することもできます。
日本国内で販売されている化粧品には非常に多くの種類のものが存在していますが、海外に目を向けると更に多くの商品が販売されており、通販ではそれらの商品を購入する事が可能となっています。
海外で販売される化粧品の中には、非常に優れた効果を持っていることから話題となっている製品も多く存在するため、そういった製品を購入し使用できるというのは非常に大きなメリットと言えます。

美白商品に関するよくある質問

Q.白人のようになりますか?
A.元々の肌の色よりも白くなることはできません。
人間の肌にはメラニン色素というものが存在しており、その色素の量によって肌の色がおおよそ決まります。
そして美白というのは、元々の肌の色をくすんだ状態から透き通る状態にできるだけなので、身体の色素量を減らし、白い肌を手に入れることはできません。

Q.もともと色黒ですが白くなりますか?
A.もともとの肌の色を変えることはできません。
美白商品を使用した際には、皮膚のくすみや色素の沈着を薄くしていくことによって、肌の色をくすんだ印象のある色から、同じ色であっても透き通ったような白をイメージさせる色にすることができます。
しかし元々の肌の色をメラニン色素の減少によって大きく変え、地黒の肌を白肌にするというのは、美白商品や生活習慣の改善といった方法では非常に難しく、特殊な美容整形によって行うしかありません。

Q.シミは元にもどりますか?
A.非常に長い時間を必要としますが可能です。
シミというのは体内のメラニン色素が色素沈着を起こすことによって発生する現象です。
したがって、一度できるようになってしまうと肌のターンオーバーのたびに新たなシミが下から浮かび上がってきて、自然に消えていくことはありません。
しかし美白商品やスキンケアといった美白を手に入れるための対策法をしっかりと行っていくことにより、徐々にシミを薄くしていき、元のシミのない肌を手に入れることは可能です。

Q.化粧品では効果はあるの?
A.美白化粧品に見せかけた、タダの化粧品でなければ効果があります。
化粧品の中にはごくごく一般的な化粧品と、美白効果のある成分を使用した美白化粧品の2種類の製品が存在しています。
美白化粧品の場合、継続利用によって美白を手に入れることができますが、美白化粧品に見せかけた一般的な化粧品を使用した場合、美白効果を得ることはできません。

関連ページ

参考サイト
美白 - Wikipedia