上へ
戻る

カテゴリ

日焼け止め・UVケア

ここでは日焼け止め・UVケア商品について紹介します。
白い肌を守るためにも日焼け止めは必須となります。
多くの種類の中から自分に合った日焼け止めを選択することができます。

日焼け止め・UVケアの商品一覧

UVケアとは

UVケアとは、ultravioletつまり紫外線から身を守るためのケアのことを指します。
紫外線は太陽から照射されている電磁波のことで、身体に対して多くの影響を与えます。
具体的な影響としては、日焼け、シミ、そばかすといったものが身体に紫外線が当たることによって発生する現象です。
UVケアを行わなければ、上に挙げたような太陽光が原因となり発生する現象が身体に対して起こるようになり、美容面での大きな影響が発生するようになります。
紫外線による身体のダメージというのは、日焼けのような短期間で目に見える形として現れるものだけではなく、身体の奥深くに対して影響を及ぼし、10年後20年後に現れるようになるものもあります。
したがって、将来の自分を美しくするためには、早い段階でのケアが非常に大切になります。
また、紫外線の中でも身体に対して有害なものが身体に当たり続けた場合、皮膚がんと呼ばれる皮膚にガンの症状が現れる疾患を発症する場合もあります。
したがって、病気の予防を行うためにもUVケアというのは非常に重要となります。

SPF

SPFはSun Protection Factorの略称で、紫外線防御効果を意味します。
このSPFは日焼け止めなどに記載されている数値で、紫外線の中でも日焼けの原因となる紫外線B波をどれだけ防げるのかを示す数値になります。
この数値の表記は最大で50+となっており、これはSPFの値が50よりも大きい、紫外線B波に対して非常に優れた効果があるという意味になります。
SPFのもつ防御効果についてですが、これは紫外線に照射されてから日焼けになり始めるまでの時間を、SPFの数値をかけた分遅らせることができます。
紫外線に体があたってから日焼けするまでに必要な時間は、何も使用してなければ15分から20分と言われています。
したがって、何も使用していなければ15分から20分ほどで日焼けが発生し始めます。
しかしSPFが50の日焼け止めを使用していれば、身体が日焼けし始めるまでの時間を何も使用していない時の時間から、短くとも750分長ければ1000分前後にまで遅らせることができます。

PA

PAはProtection Grade of UVAの略称で、紫外線の中でもA波と呼ばれるものをどれだけ防御できるかを示す値となります。
紫外線A波はB波のように日焼けなどを起こす原因にはなりませんが、肌のシミやシワの発生に対して深い関係があると言われています。
PAの強さを示す値は、PA+からPA++++まで、合計4段階に分けられ、+の数が増えるほどにA波への防御力が高くなります。
紫外線の強さは地球と太陽の距離によって変化し、B波は太陽との距離が遠くなる冬場になると減少しますが、A波はほとんど変動することがありません。
そしてA波は雲やガラスといった障害物を通りぬけやすいという性質があります。
そのため曇が多い日に外にいる、もしくは日当たりの良い室内にいる場合には、季節問わずPA予防を行わなければ、A波の影響を受けやすくなります。
以上の理由から、シミやシワの予防を行う際には年間を通して、そして自宅内でのA波の予防を行うことが重要となります。

日焼け止めの種類

日焼け止めには複数種の製品が存在しています。
製品ごとに使用されている成分などが異なっており、紫外線をどのようにして身体に接触させないかというのも違っています。
そして自分の体質にあったものを選んで使用することによって、より優れた紫外線対策が可能となります。
そのため、UVケアを行う際にはまずどういった種類の製品が存在しており、どのような特徴があるのかを知る必要があります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は身体に接触した紫外線を反射・散乱させ、皮膚に紫外線が当たるの防ぐことによって、紫外線から肌を守る作用がある日焼け止めです。
紫外線散乱剤は身体にあたった物をそのまま跳ね返すような働きがあるため、紫外線防止効果が非常に高く、肌に対して当たるダメージも非常に少ないという特徴があります。
しかし散乱剤に使用されている成分の酸化亜鉛や酸化チタンと呼ばれる物質は白色の粉末のため、これらの物質の含有量が高ければ高いほどに日焼け止めの色が白くなります。
したがって、散乱剤を使用した際には、塗布した部位だけが白くなる、白浮きと呼ばれる現象が発生しやすくなります。
そして白浮きを防止するために成分配合量を増加させることが難しいため、散乱剤をベースとした日焼け止めは、日焼け止めの中でも紫外線の防御効果があまり高くはありません。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は散乱剤のように身体に接触した紫外線を反射させるのではなく、接触後日焼け止めに紫外線を吸収させ、熱や紫外線として放出させるような働きを持つ日焼け止めです。
紫外線吸収剤はメトキシケイヒ酸エチルヘキシルやジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルなどの成分を利用し作られており、非常に高い紫外線防御効果を持っています。
また、有効成分が油状物質で無色透明のため、散乱剤のように配合量を増やすことによって白浮きしやすくなることがありません。
したがって、散乱剤では得られないような非常に強い紫外線防御効果が吸収剤にはあります。
難点として、紫外線吸収剤は紫外線を吸収した後、別のエネルギーに変換し放出させる働きがあるため、変換の熱によって肌の水分が蒸発し、乾燥を引き起こす場合があります。
また、時間の経過によって吸収剤が分解され、効果が弱まることもあります。
したがって、吸収剤を使用する際には定期的な塗り直しを行う必要があるなどの難点もあります。

塗る日焼け止め

市販されている日焼け止めの中で、最も一般的な製品が塗る日焼け止めです。
塗る日焼け止めはジェルやクリーム、スプレー、パウダーといった形状をしている日焼け止めで、使用の際には身体に対して直接日焼け止めを塗って使用します。
塗る日焼け止めにはさまざまな形状の製品が存在するため、使用する部位や状況、季節に応じた日焼け止めを使用することができます。
そのことから、非常に使い勝手が良く、手間なく効果的なUVケアが可能となっています。

ヘリオケアウルトラジェルSPF90

ヘリオケアウルトラジェルSPF90はI.F.Cantabria,S.A.社が製造する日焼け止めです。
SPF90と銘打たれていますが、製品の表記上90と記載しているだけであり、中に使用されている成分は同社の発売するSPF50+と同じものになっています。
有効成分としてオクトクリレン、エチルヘキシルトリアゾンを使用した紫外線吸収剤と、酸化チタンや酸化亜鉛といった紫外線散乱剤の成分を混合して作られているため、2種の日焼け止めの効果を同時に得ることができます。
上記のような理由により、ヘリオケアウルトラジェル SPF90は現在販売されている日焼け止めの中でも特に優れたUVケア効果があるとして、多くの人が利用しています。
通販サイトでは4,000円~5,000円前後で購入することができます。

BIHAKUENデイクリームSPD30

BIHAKUENデイクリームSPD30はKlein Anderson社が製造する肌のケアに使用されるクリームです。
このBIHAKUEN デイクリーム SPD30はオクトクリレン、アボベンゾン、酸化亜鉛といった成分が配合されており、SPF30の日焼け止めと同様の効果があります。
また、肌ケアを目的とした成分としてシアバター、大豆オイル、カモミール、緑茶、ブラックコホシュ、ホーステール、酢酸トコフェロール、セイヨウシロヤナギ、セラミド3などが使用されています。
したがって、BIHAKUEN デイクリーム SPF30を使用した際には肌ケアを行いつつ、同時に紫外線からの肌ケアを行うことも可能となります。
通販サイトでは、7,500円~8,000円前後で購入することができます。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは一般的な塗る日焼け止めとは違い、紫外線から肌を保護する効果を持った成分を使用したサプリメントです。
飲む日焼け止めに使用されている成分はニュートロックスサンというポリフェノールが含まれた成分、そしてフェーンブロックと呼ばれるPL(ポリポディウムリュウコトモス)エキスを含む成分です。
飲む日焼け止めには上記のような抗酸化作用が期待できる成分が多く含まれているため、紫外線に当たり活性酸素が発生した際にも、メラニンの活動が抑えられ、シミなどが発生しにくくなります。
また、それ以外にも肌の老化現象の促進抑制効果や肌の回復力向上効果など、非常に多くの効果がこの飲む日焼け止めにはあります。
したがって、日焼け止めを使用できない状況下での使用や、日焼け止めの使用が可能な状況での更なるケアの際に、飲む日焼け止めは非常に便利に利用することができます。

シェードファクター

シェードファクターは有効成分としてビタミンC、ビタミンB3、ダイオウウラボシという成分を使用した飲む日焼け止めです。
ビタミンCは美肌作用、細胞の酸化に対してのケアを行う効果があります。
そしてビタミンB3は紫外線が当たったDNA機構を健康な状態に維持する作用があります。
また、肌の新陳代謝を促進し、ターンオーバーを補助することによって、色素沈着を防止します。
最後にダイオウウラボシですが、これはシダ状植物の一種で、抗酸化サポートや細胞の保護、DNAの損傷のケアといった非常に多くの効果があります。
これらの効果により、シェードファクター服用時には日焼けによるシミやそばかす、肌荒れといった肌トラブルをケアすることができます。

ヘリオケアウルトラDカプセル

ヘリオケアウルトラDカプセルはI.F.Cantabria,S.A.社が製造する飲む日焼け止めです。
有効成分にフェーンブロック、ルテイン、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンE、リコピンなどの成分が配合されています。
服用時の効果としては、抗酸化作用、免疫防御作用、細胞DNA保護、皮膚構造の保存といった効果があります。
フェーンブロックはヘリオケアウルトラDカプセルの主成分で、PLエキスを含んでいることから、日焼けによる皮膚のダメージや皮膚がんのリスク軽減効果があります。
また、ヘリオケアウルトラDカプセルに含まれるリコピンには活性酸素を無害化させる作用があります。
したがって、太陽光によってメラニン色素が活発に活動を開始した際にも、日焼けやシミ、そばかすといった肌トラブルの原因となる物が発生しにくくなります。
通販サイトでは4,000円~6,000円前後で購入することができます。

サンセーフRX

サンセーフRXはNapa Valley Bioscience社が製造する飲む日焼け止めです。
経口の日焼け止めの中でも低価格帯でありながら、使用効果が非常に高いことから人気のあるサプリメントです。
有効成分としてAntioxidine、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレンといった成分を配合しています。
AntioxidineはPLエキス、緑茶エキス、ブドウ種子エキス、リコピン、アスタキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン、オメガ3脂肪酸といった複数の成分を配合し生成されたものです。
上記の成分が配合されていることにより、服用の際には抗酸化作用、紫外線からの肌の防御、アンチエイジング、そして紫外線による目を保護する作用などを得られます。
通販サイトでは3,900円~6,000円前後で購入することができます。

日焼け止めを通販で購入するメリット

サンセーフRXは飲む日焼け止めの中でも低価格帯でありながら、使用効果が非常に高いことから人気のあるサプリメントです。
有効成分としてAntioxidine、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレンといった成分を配合しています。
AntioxidineはPLエキス、緑茶エキス、ブドウ種子エキス、リコピン、アスタキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン、オメガ3脂肪酸といった複数の成分を配合し生成されたものです。
上記の成分が配合されていることにより、服用の際には抗酸化作用、紫外線からの肌の防御、アンチエイジング、そして紫外線による目を保護する効果などが得られます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

一般的には知られていませんが、日焼け止めの中でも飲む日焼け止めは皮膚科などの医療機関での処方が行われています。
処方価格は保険を適応させるかどうかによって変わりますが、1箱分処方して貰う場合、5,000円~7,000円に診察料金が必要となる医療機関が多い傾向にあります。
メリットとしては、服用方法を聞き、医師のサポートを受けながら服用ができるという点にあります。
診察から処方までに必要な時間も数十分から1時間ほどとなる場合が多いため、通販による購入と比較しても短時間での入手が可能です。
処方を受ける場合、美容目的での服用と伝えた場合は保険が適応されません。
したがって、肝斑やシミ、火傷の痕といった皮膚のトラブルを解消するために処方を受けたいと伝える人が多い傾向にあります。

市販で購入する場合

塗る日焼け止めなどを市販で購入するメリットは、入手性の良さです。
日焼け止めは薬局やホームセンター、コンビニエンスストアなど非常に多くの場所で販売が行われています。
したがって、欲しいと思った時には近くのコンビニエンスストアなどへ行き、欲しい日焼け止めを手に取りレジへ行くことによって、非常に簡単に入手することができます。
そして販売価格も1,000円前後で購入できる物が多いため、金銭的な負担も少ないというメリットがあります。
デメリットとしては、通販などを利用した場合と比べて入手できる製品の種類が少ないという点があります。
店舗に存在している在庫というのは、その店舗内で保持できるだけの量のみです。
したがって、通販と比べると購入できる商品の数は少なく、更に商品ラインナップ自体も店舗の傾向などによって偏りがあるという難点もあります。

通販サイトを利用した場合

通販を利用し日焼け止めを購入するメリットは、購入可能な商品が豊富にあるという点です。
一般的な商店というのは、店舗内で抱えられる在庫の数が限られているため、そこまで多くの商品は取り扱われていません。
しかし通販の場合、販売店の倉庫内に抱えきれるだけの商品が存在しているため、一般的な商店を利用して購入できる日焼け止めとは比較できないほど多くの商品があります。
そしてその中から自分にとって最も良いものを選び、購入することができるというのは通販ならではのメリットであると言えます。
販売価格は商品によって違いますが、高いものでも飲む日焼け止めで数千円ほどのものになります。
難点として、購入手続きを終えてから商品が到着するまでに早くても1日、海外通販の場合は数週間ほど時間が必要になるという点があります。
したがって、通販を利用して日焼け止めを購入する際には、必要となる時期から逆算を行った上での購入が重要となります。

通販でしか購入できない日焼け止め商品

通販で日焼け止めを購入するメリットとして、商品数の多さがありますが、それと同等のメリットとして通販でしか購入できない日焼け止めの存在があります。
日焼け止めなどの商品の中には、日本国内でのみ販売が認められているものや、海外では販売が許可されているけれども日本国内での販売は認められていないような商品が存在しています。
日本国内での販売が認められていない商品というのは、当然ですが薬局やホームセンターといった市販の日焼け止めが販売されている店舗では販売されていません。
しかし通販の場合、個人利用に限定することによって、それらの通常の方法では購入できない商品も購入することができるため、日本では手に入れることができない商品が購入できるという非常に大きなメリットが存在しているのです。

日焼けした肌のケア

日焼け止めを使用したUVケアを万全に行っていたとしても、日焼け止めの塗り忘れや塗りムラによって日焼けをしてしまうことはあります。
そういった日焼けの対策をしたつもりになっていたのに上手くケアができていなかったという時には、日焼けを患部のアフターケアを行う必要があります。
アフターケアを行わなければ、患部の皮膚が乾燥した状態が長時間続いてしまい、シワやシミといった肌の老化現象の発生速度が早まります。
したがって、意図せぬ日焼けをしてしまった際には早期のケアを行う必要があります。
日焼けのケアを行うのは早ければ早いほど良いものですが、時間の目安として日焼けが発生してから72時間以内に行う必要があると言われています。

冷やす

日焼けをした状態というのは、紫外線の力によって皮膚に軽度の火傷を負っているのと同じような状態であり、皮膚の下は炎症を起こしています。
したがって、日焼けをした時はまずは炎症の進行を抑えるために、患部をしっかりと冷やす必要があります。
冷やし方としては冷たいシャワーを浴びる、保冷剤を当てる、冷やした濡れタオルを当てるといった方法があります。
患部に対して直接シャワーで水を当てた場合、皮膚の組織がシャワーの水圧でダメージを負う恐れがあります。
タオル越しに当てるなどの方法で患部にかかる負荷を軽減させながら、慎重に水をかけてください。

ほてりを防ぐ

日焼けをした患部を水で冷やしていると、やけどを負った皮膚がヒリヒリと火照るような痛みと同じ痛みが日焼けした患部から発生することがあります。
これは日焼けをした部位の内部で火傷と同じ症状が起こっているためです。
ほてりがある状態で入浴をすると非常に強い痛みが発生します。
したがって、ほてりが現れた際には入浴を避け、シャワーだけで済ませてください。
そしてほてった患部に対しての処置ですが、こちらもまた冷やすという方法になります。
水やぬるま湯のシャワーを当てて患部を冷やす、もしくはタオルに包んだ保冷剤を当てて熱を冷ますようにしてください。

水分を取る

日焼けが発生すると体内の水分は急速に失われていき、軽度の脱水症状を引き起こすこともあります。
そのため、日焼けの処置を行う際には水分を摂取し、不足した体内の水分を満たす必要があります。
軽度の脱水症状や熱中症を引き起こしている状態で水分補給を行う場合、急速に水分を摂取してしまうと身体に対して大きな負荷がかかります。
したがって、一度に水分を多く摂取するのではなく、ゆっくりこまめに水分の補給を行い、体内の水分をゆっくりと満たしていくようにしてください。

スキンケア

日焼けの患部を冷やし、ほてりなどの症状が落ち着いた後はスキンケアを行います。
日焼けをした患部は水分が失われ、乾燥した状態となっています。
乾燥した肌というのは水分が付着した際に蒸発する速度も非常に早くなっているため、患部に対して化粧水を付けた後、乳液やクリームといった油分で保護を行い、水分の蒸発を防ぎます。
また、患部の炎症を抑えながら保湿・保護を行いたい場合、患部に対してアロエ成分を配合したジェルや化粧水、クリームを塗ることにより、保湿と保護、消炎が同時に行えます。

UVケア商品に関するよくある質問

Q.1年中UVケアは必要なのか?
A.紫外線は1年を通して照射されているため、UVケアは行うべきです。
紫外線の照射量は地球と太陽の距離によって決定します。
したがって、夏は紫外線量が多く、冬場は少なくなる傾向があります。
しかしそれは紫外線の中でもB波と呼ばれる日焼けを発生させるものだけで、シミやシワの原因となるA波は1年の間で照射量が変わること無く、常に照射されています。
そのため、美肌を手に入れるためには1年間を通してUVケアというのは行うべきことだと言えます。

Q.日焼け止めを使用した際には、クレンジングを使用する必要はありますか?
A.普段の洗顔で日焼け止めが落ちないのであれば、使用することをお薦めします。
日焼け止めを片手の甲に塗り、その状態で洗顔フォームなどを使用して日焼け止めを洗った後に、日焼け止めを塗った場所が水を弾く、匂いが残っているといった状態になった場合、日焼け止めが洗顔では洗い落とせない可能性があります。
そういった洗顔フォームなどで落とせない日焼け止めを使用しているのであれば、クレンジングを使用し、優しい力で擦りながら、日焼け止めを落としてあげる必要があります。

Q.日焼け止めは汗をかいたら塗り直しなのでしょうか?
A.こまめに塗り直しを行なったほうが、日焼け止めの効果はより長く持続します。
日焼け止めは紫外線に当たることによって分子が崩壊してしまうこともあれば、汗などの水分によって流れ落ちてしまいます。
したがって、日焼け止めは定期的に塗り直しを行い、流れ落ちてしまったものをカバーする必要があります。
塗り直しの目安は日向にいるのであれば2時間に1度、涼しい室内にいるのであれば、それよりも長い間隔で塗り直しを行っても問題ありません。

Q.飲む日焼け止めは安全な製品なのですか?
A.使用されている成分に危険なものはありません。
飲む日焼け止めで使用されている成分はフェーンブロックとニュートロックスサンという成分が主なものになっています。
これらの成分はどちらも植物から抽出された成分であり、優れた抗酸化作用や免疫防御作用、DNAの保護作用や皮膚構造維持作用、光防護作用といったものがあります。
そしてフェーンブロックに関しては長年医薬品として使用されていた成分でもあるので、服用時には危険な症状が現れる事はありません。
注意点として、飲む日焼け止めで使用されている成分に対してアレルギーを持っている場合、服用によって発疹などのアレルギー症状が現れる場合があります。
したがって、服用時にはアレルギーにのみ気をつけていれば、安全に服用ができると言えます。

Q.日焼け止めを使用した状態でも焼けてしまうことはあるのでしょうか?
A.塗り方等によっては発生する場合があります。
日焼け止めを使用した状態で発生する日焼けの原因としては、以下のような物があります。
・日焼け止めの量が少ない
・大量に汗をかいて日焼け止めが落ちた
・日焼け止めが落ちた後に塗り直していない
・日焼け止めの成分にアレルギーがある
・日当たりの良い室内で日焼け止めを使用していない
上記のような理由に該当する場合、日焼け止めを使用していても日焼けを起こしてしまう可能性があります。