上へ
戻る

カテゴリ

保湿

ここでは保湿商品について紹介します。
美しく白を保つためには保湿による肌の潤いが大切です。
数多くある保湿商品から自分に合った商品を選ぶことができます。

保湿の商品一覧

保湿が必要な理由

人間の身体を覆っている肌のケア(スキンケア)を行う際には、適度な水分を与える保湿という行動が非常に重要となります。
保湿には非常に多くの効果がありますが、その中でも特に大きな理由として、バリア機能の正常化、そしてターンオーバー周期の正常化という働きがあります。
これらの働きというのは、普段の生活の中で強く意識することはありませんが、行っていなければ肌に対して大きなダメージを発生させてしまうこともあり、シミやくすみといったものの原因となることもあるのです。

肌のバリア

保湿が重要な理由の1つとして、肌のもつバリア機能を正常に維持させるためという理由があります。
人間の肌を拡大すると、鱗のような小さな角質と呼ばれる肌が体表を覆うように存在しています。
そしてこの角質というのは、適度な水分を持っていることにより、皮膚の表面を滑らかにカバーしており、紫外線やウイルスといった外部からの脅威をバリアのように弾き返します。
しかし肌の保湿を怠ると、角質から水分がなくなっていき、捲れ上げるように角質の間に隙間が生まれ始めます。
そうすると、その隙間から外部の脅威が侵入し、肌がダメージによってボロボロになってしまうこともあれば、シミやそばかす、くすみとなどが発生するようになります。

シャワーや洗顔で皮脂が落ちる

肌の保湿を行う上で必要となるものに、皮脂とよばれる身体から分泌される油分があります。
皮脂は過剰に分泌されてしまうとニキビを初めとする肌トラブルを引き起こします。
しかし本来この皮脂というのは身体に取って必要な存在であり、適度な分泌によって肌の乾燥を抑制し、保湿した状態を保つ作用を持っています。
しかしこの皮脂はシャワーや洗顔、洗髪といった行為によって一時的に流れ落ちてしまいます。
皮脂がなくなると体表の角質や肌からは水分が蒸発してしまい、隙間ができたような状態になり、ダメージを負いやすくなってしまいます。
したがって、シャワーや洗顔の後には保湿を行い、身体から蒸発した水分を補うことによって肌が乾燥してしまうのを予防する必要があるのです。

ターンオーバーの正常化

人間の細胞というのは、28日前後の周期で入れ替わり、新しい細胞が発生します。
この細胞の入れ替わる周期をターンオーバーと呼びます。
ターンオーバーが正常に働いている状態であれば、肌のくすみなどのトラブルを解消することが可能となります。
しかし乾燥などにより、肌のターンオーバーが正常な状態から乱れた状態になってしまうと、ターンオーバーの周期が前後に乱れるようになります。
そして乱れが発生し、皮膚の表面に古い角質が蓄積し固くなった状態になってしまうと、化粧水や化粧品といったものを使用した際にも正常に浸透せず、更にスキンケアが行いづらい状態になります。
こういったことを回避するために、定期的な保湿により肌のターンオーバーを正常な状態に保ち続ける必要があるのです。

保湿力がダウンする間違ったスキンケア

今現在一般的に知られているスキンケアの方法には、正しいスキンケアの方法の関する情報だけでなく、誤った情報も存在しています。
誤ったスキンケアの情報でスキンケアや保湿を行った場合、本来の保湿よりも効果が弱くなってしまう場合もあれば、時には保湿効果が一切得られない場合もあります。
したがってスキンケアによる保湿を行う場合、正しい保湿の方法などを知り、実践する必要があります。

洗顔のしすぎ

保湿を行う場合、重要となることとして洗顔があります。
洗顔を行うことによって、顔の表面に付着した皮脂汚れや化粧品の成分を落とすことができ、スキンケアができるようになります。
しかし皮脂汚れのような油性の汚れを落とす際には、顔にとって必要な皮脂も同時に落としてしまい、洗浄後患部は乾燥してしまいます。
そして乾燥してしまった患部というのは、時間経過によって皮脂が分泌されていき、徐々に元の状態に戻ります。
元の状態に戻るまでは体質等によっても異なりますが、12時間もあれば十分であり、それ以上の洗顔は余計な皮脂の分泌量に戻る時間の余裕がありません。
したがって、洗顔を行う回数は2回ほどに抑えておくのが良いです。

化粧品の間違った使い方

保湿に影響があるものとして、誤った方法での化粧品の使用というものがあります。
化粧品は正しく使用することによって、顔の細胞に対して水分を供給し、保湿が可能となります。
しかし誤った方法で使用してしまうと、顔の細胞に対して上手く水分を与えられないばかりか、ダメージを与えてしまうこともあります。
例えばシートマスクやシートパック、これは顔に対して指定された時間貼ることによって、細胞に対して美容液や化粧水を浸透させる効果がありますが、それ以上の時間使用してしまうと、マスクから水分が蒸発する際に顔から水分が飛んでしまう場合があります。
また、パッティングを行うと皮膚に対してダメージを与えてしまい、上手く保湿ができないこともあるなど、誤った使用方法は多数存在しています。

合ってない化粧品の使用

化粧品などが影響して派生する保湿の問題として、身体に合っていないものを使用した結果発生する肌トラブルがあります。
化粧品に使用されている成分の中には、特定の体質の人が使用してしまうと肌荒れを起こしてしまったり、アレルギー症状が現れたりといった影響が出るものがあります。
そういった製品を使用してしまった場合、肌に吹き出物が発生するようになる、肌が荒れるなどの症状がでるようになり、肌に対して大きなダメージを与えると同時に、ダメージによって肌の保湿能力が大幅に低下してしまいます。

メイク落とし

メイク落としが体に合っていない場合、保湿能力が大幅に低下してしまう可能性があります。
メイク落としには色々な種類の製品が存在していますが、メイクを落とす作用が強すぎるものを使用した場合、肌に必要な油分や水分がメイク落としによってなくなってしまいます。
そうした状態になってしまうと、肌の角層と呼ばれる部位がダメージを受け、顔から水分がなくなった状態になってしまい、保湿効果が弱まってしまいます。
また、クレンジングオイルを使用したメイク落としの場合、オイルクレンジングを行うと肌の水分や油分がメイクと一緒に落ちてしまうため、非常に強い乾燥状態に陥ってしまう場合もあります。

摩擦

保湿ケアを行う際にはコットンを使用し化粧水を肌に浸透させていきます。
その際にはどれだけ気をつけていたとしても、肌に対して多少の摩擦が発生してしまいます。
この保湿の際に発生する摩擦によって角質にダメージが及ぶと、水分がダメージを受けた部位から消失してしまいます。
したがって、保湿ケアに始まり多くの肌に対してのケアなどを行う際には、肌に対して過度な摩擦をかけない、そして保湿もやり過ぎないというのを意識するようにしてください。

保湿力をアップする正しい洗顔方法

肌の保湿能力を向上させる方法として、最も簡単な方法は洗顔方法の改善です。
毎日の生活の中で行っている洗顔というのは、方法を誤ると肌に対してダメージが発生し、保湿能力が大幅に低下してしまいます。
しかし正しい方法での洗顔を行うことによって、肌の保湿能力は向上し、肌が潤いを取り戻せるようになります。
正しい洗顔方法は非常に簡単なもののため、保湿能力を向上させたい際にはまず洗顔方法の見直しから始めることをお薦めします。

ぬるま湯を使う

洗顔を行う際、いきなり顔に洗顔料を付けて顔を洗う人がいます。
洗顔を始める前の顔というのは、表面に水分が付着していないため、いきなり洗顔料を付けて擦ってしまうと、洗顔料と肌の間で摩擦が発生し、肌に対して非常に大きなダメージを与えます。
そして汚れは水分を与えなければ浮き上がってこないため、きちんと汚れを洗い落とそうと思っても落ちるまでに時間がかかってしまいます。
したがって、洗顔を行う際はまずはぬるま湯を使用して顔を洗い、汚れを浮かして落としやすくした上で、肌に対して掛かる摩擦を少なくしてください。

しっかり泡立てる

ぬるま湯を使用して予洗いを済ませた後は、洗顔料を使用し洗顔を行っていきます。
その際に使用する洗顔料は顔の汚れを落とせれば問題ないため、必要以上に使用する必要はありません。
洗顔料はそのまま顔に付けて使用するのではなく、使用前に一度手の上で泡立て、その泡を使用して顔を洗います。
泡立ての際には手のひらで水を使用して泡立てる、もしくは専用の泡立てネットを使用することによって、簡単にたくさんの泡を作ることができます。
1回の洗顔の目安となる泡の量は、レモン1つ分の大きさです。

力を入れずに洗う

泡立てた洗顔料を使用して顔を洗う際に力を入れてこすり洗いをしてしまうと、角質に対してダメージやストレスを与えてしまいます。
そのため、泡を顔の上に乗せ、泡の力で汚れを浮かし、優しく撫でるようなこすり方で汚れを落としていきます。
洗う場所は額から鼻筋にかけてのTゾーン、アゴ周りのUゾーン、最後に目元や口元を洗うと良いです。
洗い終わった後はぬるま湯ですすぎ残しの無いように泡を落としていき、一通りすすいだ後に鏡を見て、すすぎ残しが無いのを確認できたら洗顔完了となります。

保湿が失われる原因と対策

肌を保湿したのに水分が失われる場合、乾燥の原因を知った後に適切な対策を取る必要があります。
水分が乾燥する原因にはいくつかの原因がありますが、各原因を大きなものに分けると、生活習慣や自分が身をおく環境、この2つに大多数の原因が当てはまります。
したがって、乾燥を予防する際にはまず自分が身をおいている環境に何か原因がないかを探してみることをお薦めします。
ここではそれら原因と対策について紹介していきます。

エアコン

肌の乾燥の大きな原因となるものとして、エアコンによる温度変化と乾燥があります。
エアコンを利用すると、室外が暑い時は室内を涼しく、反対に寒い時は暖かくすることができます。
このような大幅な気温の変化が発生すると、温度差によって身体がストレスを感じてしまい、肌の調子が悪くなります。
そして周囲の環境が寒くなる冬場に温かい部屋に突然入ると、寒暖差によって肌から水分が抜けてしまい、急激に乾燥を始めてしまいます。
こういったエアコンが原因となる乾燥に対して対処する方法としては、乾燥対策の加湿があります。
加湿器を使用して部屋を加湿させることによって、肌が乾燥した状態になりにくくなります。

食事

肌の水分は食生活が乱れることによって失われやすくなります。
ファストフードやインスタント食品、お菓子といった食べものというのは、食事に含まれている栄養素のバランスが非常に悪く、肌荒れなどを引き起こします。
したがって、これらの料理などを日常的に摂取していると、肌の乾燥が急激に進んでいきます。
改善の際は食生活を見直し、バランスの良い食事を摂ってください。
タンパク質や炭水化物、脂質、ビタミンを初め、人の体内では生成できない必須ビタミンなどを摂取していくことによって肌のターンオーバーを整え、肌の乾燥の解消や肌トラブルの解消なども同時に行えます。

タバコ

タバコの喫煙を行うと、身体にニコチンやタールが吸収されます。
ニコチンやタールは身体に対して有害な物質であり、多くの健康被害を招きますが、その中でもニコチンは肌の乾燥を引き起こす物質とされています。
ニコチンが身体に吸収されると、血管の収縮によって肌細胞に酸素が送られなくなります。
そして皮膚温度や代謝機能の低下なども同時に引き起こすようになり、その結果ターンオーバーに大幅な乱れが発生し、肌の乾燥を始めとする非常に多くの肌トラブルを引き起こすようになります。
対策方法は禁煙が最も良い方法です。
禁煙外来をはじめとする医療機関を利用した禁煙方法もあるため、喫煙による乾燥を解消させる際には禁煙を始めてください。

睡眠不足

睡眠不足は身体に対して多くの影響を与えますが、肌に対しても非常に大きな負荷をかけることから、乾燥の原因となっています。
人間の体は睡眠を取ることによって自己修復機能が働き始め、身体に負ったダメージが治っていきます。
その際に肌のダメージや角質の乱れといった物も同時に解消されていきます。
しかし睡眠不足の状態になると、自己修復機能が完全に機能しきり、修復が完了する前に目を覚ましてしまいます。
その結果肌のダメージが戻らず、角質がボロボロになった状態のままになってしまい、肌から水分が逃げてしまうのが避けられなくなってしまいます。
対策法は良質な睡眠をふんだんに取るという方法になります。
人によって必要な睡眠時間は異なりますが、まずは6時間~8時間程の睡眠を目標に行ってください。
寝具や睡眠環境の改善により、良質な睡眠を取れるよう工夫してください。

精神的ストレス

ストレスには外的要因と呼ばれるものと内的要因と呼ばれるものが存在しており、どちらも肌の乾燥や肌トラブルと密接な関係にあります。
内的要因は精神的なストレスのことを指し、毎日の生活の中で発生する苛立ちや心への負荷が蓄積されていくと、精神的な病を発症するなどの影響が現れるようになります。
そして同時に、精神的な負荷によって身体に対して現れる影響としてコラーゲンの合成抑制などがあり、これらの影響によって肌荒れや肌の乾燥といった症状があるのです。
対策方法はとにかくストレスを溜め込まないことです。
毎日の生活の中で楽しみやストレスを解消させるための方法を見つけ出し、ストレスを溜め込まないようにしてください。

年齢

生活習慣や環境が原因で発生する肌の乾燥とは違った原因で発生する乾燥として、加齢による肌の乾燥があります。
歳を重ねると体の機能が老化し、低下していきます。
その過程で肌の保水に影響を与えるヒアルロン酸やコラーゲン、そして女性ホルモンなどが減少していき、肌の乾燥が発生しやすくなるのです。
対策方法は加齢によって不足する成分をスキンケアや生活習慣の改善、服薬によって補うという方法が最適です。

顔以外の保湿

人間の身体に存在する皮膚というのは、最も外側に存在する表皮から最も内側にある真皮まで、2ミリ程の厚さしかなく、顔の皮膚はそれよりも薄い部位が存在しています。
したがって、顔の皮膚というのは簡単に水分が失われていき、乾燥した状態になってしまうのです。
そして顔よりも厚みのある皮膚に覆われた身体も、しっかりとしたケアを行わなければ乾燥していき、ひび割れや発疹、粉ふきなどの症状が現れるようになります。
そのため、顔だけではなく体全体のしっかりとした保湿を行うというのも非常に大切なのです。

敏感肌

敏感肌は身体中の皮膚が少しの刺激で赤みを帯びる、ヒリヒリとした刺激痛を感じるような肌のことを指します。
敏感肌の場合、日常生活のスキンケアやエイジングケアの際にも皮膚がダメージを負ってしまう可能性があるのです。
敏感肌は肌音ターンオーバーなどの働きによって徐々に改善していくことができます。
敏感肌の場合、化粧水などの成分だけでは保湿効果が得られない場合があるため、美容液や保湿クリームといった複数種のエイジングケア用化粧品を使用し、より丁寧な保湿を行っていくことが重要になります。

バスタイム

入浴というのは全身のスキンケアを行うのに最適なタイミングであり、身体中の保湿を行うことができます。
具体的な方法としては、身体の油分を湯船の中に溶かさないよう熱すぎるお湯の中に入らない、長風呂をしない、体を洗う際にはナイロンタオルで擦って角質にダメージを与えないよう手を使う、という方法があります。
また、入浴前に綺麗に落としておくことによって、メイクの落とし残しを発生させることがなくなるので、事前に丁寧にメイクを落としておく必要があります。

お風呂あがり

入浴後の身体というのは、皮膚に存在する皮脂の多くが流れ落ちた状態になっているため、急速に乾燥が進んでいきます。
したがって、入浴後は速やかに保湿を行い、身体の乾燥を予防してください。
保湿方法は化粧水などの保湿商品を使用して保湿した後、乳液などのクリームで水分が蒸発してしまうのを防ぎます。
身体に対しての保湿を行う際には、伸びの良い保湿用クリームを身体に薄く塗りながら保湿を行うことをお薦めします。

外出前

外出前の保湿対策として、肌の内側の乾燥の解消があります。
肌の表面というのは化粧水などによってしっかりと保湿されていますが、内側というのは実は乾燥していることが多く、インナードライと呼ばれる現象を起こしていることがあるのです。
インナードライが発生すると、外出によって日にあたり、表皮は皮脂でべたついているけれども内側はカラカラに乾燥してるという状態を引き起こします。
インナードライの予防方法は保湿と紫外線対策です。
化粧水を染み込ませたコットンやフェイスパックを使用し、顔の内側にもしっかりと水分を与えてください。
そして紫外線からのダメージから肌を守るために、日焼け止めを外出前に塗り、外出中は2時間~3時間起きに日焼け止めを塗り直し、身体を紫外線から守ってください。

保湿に効果的な商品

肌の保湿を行う際に利用する製品には、非常に多くの製品が存在していますが、その中でも使用しやすく、多くの人が使用しているのが以
下のような製品になります。
・フェイスパック
・保湿クリーム
・保湿用石鹸
・サプリメント
製品ごとに使用方法や使用効果は異なっており、体質や性格などから相性も大きく違っています。
したがって、保湿用の製品を使用する際には各製品のメリットやどういった人の使用がお薦めできるのか、といったことを知るのが非常に重要となります。

フェイスパック

Yukeidoフェイスパックは、Yukeido社が販売している、保湿の際に使用するフェイスパックの中で、とても人気の高い製品です。
一般的なフェイスパックは美容液を浸透させたパックを顔に対して貼って使用します。
しかしこのYukeidoフェイスパックは、プラセンタコラーゲンを使用した美容液が使用されているという特徴があります。
プラセンタは羊の胎盤から取り出したコラーゲンなどの美容に必要となる成分です。
したがって、パックを行った後は顔全体に保湿効果の高い成分が浸透し、非常に強い保湿効果と肌のケアが行えます。
洗顔後顔を乾かし、ゆっくりと貼りつけた後は20分ほど待っているだけで使用完了となるため、非常に手軽にスキンケアが可能となります。
そのため、保湿にかける手間を出来る限り短くしたいというような人に、お薦めの商品です。

ヒルドイドクリーム

ヘパリン類似物質を有効成分とするヒルドイドクリームは、第一三共社が販売している外用薬です。
ヒルドイドクリームは本来医療用医薬品であり、重度の乾燥肌などを治療する際に用いられます。
ヒルドイドクリームは有効物質としてヘパリン類似物質という成分が使用されていますが、この成分には非常に強い保湿効果と血行促進効果があります。
洗顔後、顔から皮脂がなくなり、水分が不足した状態になると皮膚が突っ張ったような感覚になります。
その際にヒルドイドクリームを使用すると、短時間で顔を保湿し、皮脂の分泌を促すことによって非常に簡単に顔が潤い、保湿することができます。
通常の保湿クリームを使用した際に効果が実感できないという人にこのヒルドイドクリームはお薦めできます。

有効成分 ヘパリン類似物質

有効成分ヘパリン類似物質は、ヘパリンの誘導体である、グルコサミンです。
ヘパリン類似物質は、水分子と結合し、保水力が高いため、水分を吸収し、角質に水分を与え、持続性のある保湿効果があります。
乾燥からくる肌トラブルに対しての効果が高く、シワやくすみにも効果があります。
新陳代謝を上げる効果から、ニキビ跡の改善にも効果があります。
また、血行促進効果があるため、外傷などによる腫れ、あざ、内出血の緩和にも効果があります。
その他にも、しもやけや冷えが原因で引き起こる、皮膚炎症の場合にも使用することができます。

参考サイト:ヒルドイド - Wikipedia

使用方法・副作用・使用できない方

1日適量数を、患部に直接塗布するか、カーゼなどに伸ばして貼付してください。
使い始めの際には、少量から使用してください。
使用する前に、使用患部や手が清潔になっていることを確認してください。
外傷による腫れ、あざなどにはカーゼを使用し、貼付することをお薦めします。
副作用には、使用患部のかぶれ、かゆみ、発疹、紅潮などがあります。
副作用は一時的なものなので心配する必要はありませんが、副作用が強い、長引く場合には、使用を中止し医師に相談してください。
ヘパリン類似物質に対して過敏性の既往歴のある方、出血性血液疾患のある方、僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される方、妊婦、授乳中または妊娠の可能性がある方は使用できませんので、注意してください。

参考サイト:医療用医薬品 : ヒルドイド

石鹸

BIHAKUENコラーゲンは三鳩科学工業株式会社が販売している、石鹸は低分子コラーゲンを5,000mg配合した洗顔用石鹸です。
低分子コラーゲンは通常のコラーゲンと比べて分子のサイズが小さいという特徴があります。
一般的な美容液や化粧品に配合されているコラーゲンというのは、分子が大きく、使用時に肌の表面を潤わせることはできたとしても、内部に浸透し潤いを与えることはありません。
しかし低分子コラーゲンの場合、肌の内部に対してコラーゲン成分がしっかりと浸透していくため、より高い美容効果を得ることが可能となっています。
また、洗顔用石鹸として販売されていますが、顔以外の場所に対しての使用も可能となっているため、体全体の保湿を行い、アンチエイジングを行えます。
したがって、身体中の保湿によってアンチエイジングを行い、全身を潤わせたいという人にとてもお薦めできます。

サプリメント

ニームと呼ばれるサプリメントは血液浄化作用と解毒作用に優れており、解熱作用に始まり、炎症性の皮膚疾患、潰瘍粘膜といった症状を改善させることができると言われています。
また、ニームの成分には肌に対して潤いを与える保湿効果があると言われており、オイル状にしたニームを身体に対して塗りこむことにより、優れた保湿効果が得られます。
そしてサプリメントとして摂取した場合、身体の内側から保湿を行い、非常に優れた保湿効果を発揮してくれます。
したがって、しっかりとした保湿は行いたいけれども医薬品の使用などは抵抗があるという人に、ニームのサプリメントはお薦めできます。
また、敏感肌のため洗顔時に石鹸などを使用すると、後からかゆみなどの症状が現れてしまうという人にもサプリメントのニームはお薦めできます。

保湿商品を通販で購入するメリット

保湿用の製品を購入する方法として、通販を利用するという方法があります。
通販を利用した場合、日本国内で製造販売が行われている製品を購入することも可能となりますし、日本国外で製造販売が行われる製品の購入も可能となります。
通販を利用した場合、通販でしか購入できない製品の入手、店舗よりも低価格での購入といった多くのメリットを得ることができます。
したがって、より便利に保湿用の製品を購入したい場合は通販での購入をお薦めします。

配送場所が自由

通販を利用するメリットの1つに、配送場所の指定が自由に行えるという点があります。
一般的な店舗で買い物を行う場合、商品を買う場所へ行って買い物を行う必要があります。
しかし通販の場合、自宅で注文をした後自宅まで配送をしてもらう事もできれば、職場近くのコンビニエンスストア、配達業者の配送センターなど、多くのポイントを指定することができます。
したがって、自分が最も入手しやすい場所や利用しやすい場所まで荷物を持ってきてもらい、受け取ることが可能となります。

選択肢が豊富

通販を利用するメリットとして、購入できる製品の豊富さがあります。
一般的な薬局を初め、実店舗で扱っている商品というのは非常に多くの商品の中のごく一部のため、店舗だけを利用している場合、限られた選択肢の中から選び、購入する必要があります。
しかし通販の場合、通販サイトを運営する店舗や企業の倉庫内にある在庫全ての中から、自分の求めるものを選ぶことができ、海外通販を利用する場合であれば日本国外の商品も選べます。
したがって、より多くの選択肢から自分にとっての最良を選び、購入することが可能であるという非常に大きなメリットが通販には存在しています。

価格が安い

通販のメリットとして、販売価格が安いというメリットがあります。
通販で販売されている医薬品というのは、実店舗で販売されているものと比べて価格が低価格に設定されている傾向があります。
したがって、店舗で購入するよりも幾らか少ない出費で商品を買い、余った分の額で過去に興味はあったけれども購入に到らなかった商品を買うなど、多くのものを少ない出費で手に入れられます。
少ない出費で多くのものを入手できるため、利用時に最も便利だ、メリットであると感じる点だと言えます。

市販や国内処方より効果が高い

海外販売されている保湿商品を購入するメリットとして、効果の高さがあります。
日本国内で販売されている製品というのは、日本人向けに製造されているもののため、成分量などが海外で販売されているものと比べて少ない傾向にあります。
海外通販の場合、販売されている商品の成分や大きさなどが海外仕様のものとなっているため、成分量が多く、使用時の効果が強く得られるようになっています。
したがって、より強い効果を体感しながら保湿を行いたいという時には、海外仕様の製品を通販で購入するのが非常にお薦めだと言えます。

保湿は美肌への近道

毎日の生活の中で意識をしなければ、いつの間にか肌からは水分が蒸発していき、乾燥肌になってしまいます。
乾燥肌になってしまうと多くの肌トラブルが発生し、時には非常に大きなダメージを負ってしまう場合もあります。
したがって、毎日の洗顔や入浴などの際にはしっかりとしたケアを行い、肌に対してきちんと水分を供給し、乾燥を防ぐ必要があるのです。
乾燥を防ぐことによって美肌への通は開かれていくため、毎日の生活に保湿の習慣を付けることが大切です。
注意点として、保湿はやり過ぎてしまうと肌に対して余計なダメージを与えてしまう可能性があります。
したがって、保湿を行う際には適度に使用するというのを意識しながら利用するようにしてください。

保湿商品に関するよくある質問

Q.クリームやパックの使用する順番は?
A.化粧水→美容液→パック(シートマスク)→クリーム(乳液)の順で使用してください。
クリームやパックを使用する順番は人によって違い、洗顔後にいきなりパックを使用するという人もいます。
しかしパックには美容液が浸透されているため、まずは化粧水で環境を整えた後、美容液を浸透させてください。
そしてその後、パックを使用して更に美容液を染み込ませ、最後にクリームを使用して浸透した美容液が外に出てこないようにするのがお薦めです。

Q.敏感肌に効果的な商品は?
A.ローションマスクと呼ばれる製品がお薦めです。
敏感肌の場合、使用する製品が肌に合わなければすぐに肌トラブルを引き起こしてしまいます。
ローションマスクは一般的にシートマスクと呼ばれるような製品と同じようなものです。
しかし使用する際にはパック上のシートの上に、普段から自分が使用している美容液や化粧水を染み込ませて使用できるため、肌にあう化粧水を使用してパックが行えます。

Q.顔以外で保湿が必要な場所は?
A.手や指先、肘や膝、唇、耳、髪の保湿がお薦めです。
上記の部位というのは人から見られやすい部位のため、これらの部位をしっかりと保湿しておくと第三者からの見た目の印象が非常に良くなります。
保湿の際にはクリームやヘアオイルといったアイテムを使用することによって、簡単に保湿が行えます。
また肘や膝は皮膚が角質化しやすい部位でもあるので、保湿の前にはピーリングによって角質を落としておくと更に良いです。

Q.使用期間はどれぐらいがいい?
A.まずは1ヶ月試してみましょう。
人間の肌というのはその時々の状況に応じて乾燥の仕方や様子が変化していき、効果も変動していきます。
したがって、保湿用の製品を使用する際にはまずターンオーバーが1度発生する期間である約1ヶ月を目安に継続使用し、効果があるかどうかを見るのが良いです。

Q.併用してはいけないものは?
A.基本的にはありません。
化粧水や美容液といった肌に対して直接使用する製品というのは、2種類の製品を組み合わせ同時に使用することもあれば、その日の体調や肌の調子によって使い分けることもあります。
したがって、基本的には製品同士を併用しても問題はありません。
しかし製品内に含まれる成分などによっては、併用によって肌の不調を来すことがあるため、使用前には併用しても問題ないかを調べるようにしてください。
また、化粧水と乳液など種類の違う製品同士を組み合わせた場合、効果が正常に得られない場合もあるので、併用する際には同じ種類の製品同士を併用することをお薦めします。